【京都】駅近く!すべてのビジネスパーソン必見!松下資料館には目からウロコの金言、格言がありました。

ビジネス
この記事は約4分で読めます。

先日、京都駅すぐ近くにある「松下資料館」に行ってきました。「松下資料館」とは、パナソニックの創業者である松下幸之助さんの生誕100年を記念して1994年5月に開館されたものです。

この記事はこんな人向けです。
・最近なんとなく落ち着かない、イライラしている、悩みを解決したいと漠然と考えている方
・ビジネス上の問題を解決するヒントを探している方


ご注意
・偶然立ち寄っただけでしたが、松下資料館にある圧倒的なコンテンツに惹かれ、これはぜひブログで紹介しようと考えた記事です。

 

スポンサーリンク

京都駅から歩いてすぐの場所にあります

所在地:〒601-8411 京都市南区西九条北ノ内町11番地 PHPビル3階

<地図>

<詳細>

 

予約など

開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:第一土曜日以外の土曜日、日曜日、祝日 ※その他資料館が別途定めた日
入館料:無料

※前もっての予約がなくても、「今から行きたい」と電話すればOKとのこと。
→団体入場者がいる場合には時間をずらすようにアドバイスされるかもしれません。
※ただし、館長の講話(有料)を希望される場合は、事前に予約が必要です。

展示はどんなものがある?

パネル展示や各5分程度の映像コンテンツがありました。松下さんの肉声も聞くことができます。

 

 

 

 

 

 

奥に進むと庭園シアターがあります。ここで15分前後のミニ映画を見ることができます!これは必見です!

 

 

 

 

 

 

 

→詳しくは、松下資料館のホームページをご確認ください。

 

心が乱れたと感じたら立ち寄るのもOK(所管)

「すべてのものは一瞬のあいだも静止しておりません。絶えず動き、絶えず変わりつつあります。古きものがやがて滅びゆき、これに代わって新しきものが次々に生まれてくるのであります。この姿、これが生成発展の姿であります。そして万物すべてがそれに従って動いている自然の理法であります。すなわち、古きものが滅んで新しきものが生まれてくるのは、すべて自然の理法に従って営まれている姿であり、これは動かすことのできない宇宙の摂理ではないかと思うのであります。」

(出典:PHP研究所刊「松下幸之助の哲学」より抜粋)

・経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんが、宇宙の真理について述べていた、というのは驚きでした。経営を突き詰めた方だからこその言葉には深みがあります。

・まるで瞑想修行をしているような深い、すがすがしい気分になりました。松下さんのお人柄にふれるだけでも心が洗われるような、とてもさわやかな気持ちになります。

・彼の哲学にまで高められた人間への深い造詣、思想・理念には、現代社会にも通じる、色あせない普遍的な“思い”があります。

・すでにビジネスをされている方だけでなく、これからビジネスをはじめようという方にぜひ見てほしいと思います。そして何度でも足を運んでください。一回では見きれないので(消化しきれないので)。

・松下さんが使っていたイスも展示されていました。座って写真を撮ることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

・松下資料館はいつでも、誰でも気軽に立ち寄ることができます。
・ビジネスだけでなく、社会、家庭や人間関係などにも通じる深い示唆があります。
・松下さんの思想・理念にふれると、何よりとてもさわやかな気持ちになります。京都に来られた際はぜひ一度立ち寄ってはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
ビジネス
スポンサーリンク
松山ワットをフォロー
スポンサーリンク
W@Telegram
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました