【意外と知らない?】健康豆知識「確認するだけであなたも知識人?】

意外と知らない健康豆知識ビジネス
この記事は約3分で読めます。

あなたは自分の健康管理を正しくできているでしょうか?また、どれくらい健康知識について心得ているでしょうか?今回は意外と知らない健康に関する役立つ豆知識を集めましたので再確認のつもりでいいのでチェックしてほしいと思います。さらっと確認するだけもあなたにとって役立つ知識や健康改善のきっかけとなる知識もあるかもしれません。

スポンサーリンク

健康に役立つ豆知識「あなたはどれくらい知っていますか?」

 

ではいきなりですが健康に対する豆知識をいくつか集めましたのでチェックしてください。

ポリフェノールで最も有名な特徴は、L-アスコルビン酸や脂溶性のビタミンEなどとは違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更には細胞膜でも抗酸化作用に優れているということです。

・薬や酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する作用のことを解毒と称し、多機能な肝臓が果たす非常に大事な活動のひとつです。

・耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを使用したりすると聞くことのできると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。

・ハーバード大学医学校(HMS)の調べによれば、1日あたり2~3杯のデカフェのコーヒーを飲むと、驚くことに直腸がんの発生リスクを5割以上も減らせたということです。

 

食べているのにお腹が減るのは?タンパク質が不足しているのですよ!
三大栄養素はご存じでしょうか?「タンパク質」、「脂質」、「炭水化物」ですね。いっぱい食べているのになんだか満足しない、おやつや夜食に暴飲暴食…ってことないですか?それって、タンパク質が足りていないのです。今回は、三大栄養素の使われ方をお伝えします。

意外と知らない?3食を食べない危険性

ダイエット,空腹,食べない

痩せたいがために1日の総カロリーを抑制する、1日3食のうち1食を飛ばす、こういったライフスタイルが結果的に栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えをまねくことは、いろんなところで危惧されています。

食事を制約をすると体は危機感を感じて、代謝を下げ、栄養を節約しようと働きます。口にするものの制限を続けていると、少量でも摂食をすると、体は入ってきた糖質をできるだけ使わずに、エネルギーとして溜め込もうとするというのです。

つまり、ちょっと食べただけでも、すぐに太ってしまいがちの体になるということです。




いわゆる“食べないダイエット”というのは、日々の代謝を下げてしまうため、さらに脂肪が燃えにくい体になってしまうという、スパイラルに陥っていきます。
そんな時にわずかにでも食べると、体が脂肪として溜め込もうとしてしまうために、そのことが気になって拒食症などの摂食障害になるかもしれません。

極端に食べ物を制限することによりカラダや脳にリスクがかかると、ホルモン分泌の司令塔である視床下部に混乱するケースがあります。ダイエッターホルモンであるエストロゲンの分泌が削減してしまいます。
女性の場合、生理不順や排卵障害による不妊などの要素になるといわれています。また、中年期からの健康のトラブルに繋がる可能性も大きくなります。

がんばってスリムな状態になったとしても、カラダを壊してしまっては本末転倒です。

適した量の糖質や、たんぱく質などの栄養を摂りながら、ゆっくり脂肪を落として健康的な痩身をする事が大切です。

あわせて、野菜をきっちり摂れる食物繊維たっぷりの食事を心がけましょう。



まとめ

いかがでしたか?今回健康に対する知識を知っているだけ抜き出しました。あなたはどれくらい知っていましたか?もしかして全部していました?(笑)

やはり、ここで改めて自分の健康面や周囲の環境面を改めて振り返ってこれからの自分の生き方や接し方を考え・改善してほしいかなと思います。

もちろん私自身もそう思いながら毎日奮闘しています。

何が将来の自分にベストであるのかを見つけですのが現在の課題です。それぞれにあったベストが見つけ出せるようお互いに頑張っていきましょう。



スポンサーリンク
ビジネス
スポンサーリンク
松山ワットをフォロー
スポンサーリンク
W@Telegram
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました