映画「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞作品!あらすじ(ネタバレあり)

パラサイトはアカデミー賞を取るか?ネタバレありトレンド
この記事は約7分で読めます。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

✔ 韓国が誇る社会派のポン・ジュノ監督がメガホンをとった「パラサイト 半地下の家族」が注目を集めています。

✔ アカデミー史上初の英語以外の作品が作品賞を受賞。韓国映画としても初受賞。

 

・アカデミー賞、作品賞、脚本賞を受賞!

・どんな映画なのでしょうか?

気になりますね。まだ見ていない方は、ネタバレありますのでご注意ください。

 

では、見ていきましょう。

映画観るなら<U-NEXT>

スポンサーリンク

映画「パラサイト 半地下の家族」のあらすじ(ネタバレあり)

『パラサイト 半地下の家族』(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 

✔ 半地下(防空壕を改造したような造りのため、半分地下になっている住宅)に住む、ある一家の物語

✔ ちょっと地面から窓が見えている構造の家に住んでいる、父と母、兄(ギウ)、妹(ギジョン)の4人家族

 

✔ ある日、ギウは友人からあるアルバイトの誘いを受ける。その友人が、海外に留学に行くことになった。その友人の家庭教師先である裕福なパクさん一家の娘女子高生の家庭教師を替わりに請け負ってもらいたいというもの。

✔ ギウは自分の身分を詐称して、パクさん一家には入り込むことに成功。彼ら一家の信頼を勝ち取っていく

 

兄はさらに妹を美術のカリスマ教師だと偽ってパラサイト化に成功

✔ パクさん一家には、幼い息子がいる。彼の芸術センスを伸ばしたい、と、パクさんは考えていた。

✔ その話を聞いたギウは、自分の妹ギジョンを美術のカリスマ教師だと偽って紹介する。

 

ここからこの家族の、金持ち家族への寄生計画が始まっていく

✔ さらに、ギウの父はパクさんの運転手として雇われる。母は長年家政婦として雇われていた人をクビにさせて
代わりに家政婦として雇われることに成功する。

✔ 4人全員(それぞれ他人として)が裕福なパクさん一家に寄生することに成功した。

 

✔ ある日、パク一家がキャンプに出掛けることになった。

✔ 留守の間、ギウの母はパクさん宅で祝賀会を開く、どんちゃん騒ぎのパーティをしていた。
そんなとき、インターフォンが鳴り以前までパクさん宅で家政婦として働いていた人(ギウの母がクビにさせた人)がそこにいた。

 

✔ その元家政婦は、パクさん宅にある地下室に忘れ物をしたから取りに来た、という。しぶしぶ招きいれたところ、地下には謎の男が住みついていたことが判明する。それはその元家政婦の旦那であった。勝手に住みついていた。

 

映画観るなら<U-NEXT>

貧困に漂う”におい”がキーワードに設定されている

映画『パラサイト 半地下の家族』sub9

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

✔ ギウらは、元家政婦が地下室に自分の旦那を隠していたことを通報する。ただ、自分たちも身分を偽っていたことがばれる。その結果、ギウらと元家政婦たちとの殴り合いのけんかが始まる。

✔ そのとき電話が鳴る。パク家族の奥様から、急遽、(キャンプから)家に帰ることになったとのこと。

✔ 急いで、ギウらは、その元家政婦夫婦を縛って、地下室に隠して、ギウの父、ギウ、妹はパクさん宅の中にかくれた。

 

✔ そのとき、パク家の運転手であるの父は、パクさん夫婦の陰口を聞いてしまう。

運転手(父のこと)は、仕事はよくやっている。でも、においが気に入らない。切干ダイコンのような地下鉄のようななんとも言えないにおいだ。

✔ これを聞いたギウの父は、ショックを受ける。

 

ストーリーが急展開していく|インディアンパーティに4人は出向く

映画『パラサイト 半地下の家族』sub7

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 

✔ 帰路についた3人(父、兄、妹)、これからどうしようかと話しているとき、土砂降りの雨で自分たちの半地下の住居が浸水していることに気づく。

✔ ひとまず、避難所に避難。すると、パク家の奥様から妹宛てに電話がかかる。「息子の誕生日パーティをするので来てほしい」と言われる。

 

✔ パク家の地下室の元家政婦夫妻に事件が起こった。もみ合いの際に脳震盪を起こして元家政婦は死んでしまっていたのだ。

 

✔ 復讐の鬼となった元家政婦の旦那は、こっそり様子を見にきたギウを鈍器で殴る。

✔ ゆっくり出てきた旦那は、パク家のキッチンからナイフを取り出し、誕生日パーティで盛り上がっている集団の中に入り込む。

✔ その集団の中にいるギウの妹を見つけると妹の心臓にナイフを突き刺す。

✔ 事情を知らないパクさんたち富裕層は大パニック。

 

逃げ惑う富裕層殺しあう貧困層という構図も見て取れる。

 

✔ BBQナイフでギウの母が元家政婦の旦那を一突きする。

 

✔ パク家の旦那は逃げるために車のカギを元家政婦の旦那の遺体からねじとる。その遺体をどかす際に、くさいにおいに鼻をつまんでしまう。

 

✔ ”くさい”という鼻をつまんでしまうパク家の旦那を見て、ギウの父親は落ちていたナイフでパクさんを刺し殺した。そして、父親は人込みに逃げていく。

 

映画観るなら<U-NEXT>

残ったのは、鈍器で殴られた兄と心臓を刺された妹、正当防衛ながら 元旦那を殺した母

映画『パラサイト 半地下の家族』sub4

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

✔ ギウ(兄)は意識を取り戻す。妹は死んでしまう。母は正当防衛として釈放される。父は殺人犯として逃亡中。

✔ 家族は刑事から尾行されている。ギウは父の存在を探し続ける。尾行がなくなったときに、パクさん宅に向かう。望遠鏡でパクさん宅を覗くと、特定のテンポで電気がチカチカしているのを見つける。

 

✔ ギウはこれをモールス信号だと思い、急いでメモして解読し、手紙を書いた。

 

場面が切り替わる

 

ここでかなりの時間が経過しています。

✔ ギウ(兄)はスーツに身を包み、あのパクさん宅に内見に来ていた。この家を買って地下に潜んでいた父と再会する。

 

映画『パラサイト 半地下の家族』sub1

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

映画「パラサイト 半地下の家族」
2020年1月10日(金)より全国ロードショー
監督:ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』)
出演: ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
撮影:ホン・ギョンピョ
音楽:チョン・ジェイル
提供:バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京、巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks
配給:ビターズ・エンド
2019年/韓国/132 分/PG-12
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
出典:http://www.parasite-mv.jp/

映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト
第72回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞!世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ監督×名優ソン・ガンホ。“ネタバレ厳禁!”100%予測できない展開に全ての感情が揺さぶられる、超一級エンターテインメント作品!

 



スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
松山ワットをフォロー
スポンサーリンク
W@Telegram
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました